photo002
コーヒーに対するより深い知識と基本技術の取得をベースとして、お客様へ豊かなコーヒー生活が提案できるプロのコーヒーマン(サービスマン)のことで、日本では初めての認定資格となります。
日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が主催する「コーヒーマイスター養成講座」を修了し、認定試験に合格すると、コーヒーマイスターとして認定されます。
コーヒーマイスターの資格を取得されている方は、日本全国で3,119名になります。
群馬県には、37人のマイスターがいらっしゃいます。(2014年8月現在)